(lee)リーなど

ジーンズと言えばリーバイス(leivi's)、リー(lee)、ラングラー (wrangler)、
エドウィン(edwin)などが、よく穿いているブランドでしょうか。それぞれ
ブーツカットがあります。

ブーツカットを含む基本的なジーンズのシルエットを簡単に紹介します。

●レギュラーストレート
50年代に定着したスタンダードで太くもなく細くもないシルエットです。
ジーンズの基本です。ベーシックではきやすいです。

●ワイドストレート
ジーンズが作業着として着用していた頃の雰囲気が出ています。
リラックスしてはける、太めのシルエットです。

●タイトストレート
60年代のジーンズを代表する細めのストレートです。
ジャッケットなどとも合わせやすく、シルエットがスッキリとしています。

●ブーツカット
70年前後に誕生したカウボーイブーツ用のシルエットです。
裾が少しだけ広がっていて、足を長く見せてくれる効果もあります。

●スキニー
足にぴったり吸い付くほど細いシルエットをスキニージーンズと言ってます。
アメリカでスーパーモデルや人気女優がはいて、人気が出て日本でも
流行しています。


リーバイスのブーツカット517と並んで、よく知られているのが、リー(lee)の
ブーツカット102だと思います。

この2本のブーツカットを比較すると、例えばウエストが同サイズだと
リーバイス517の方がタイトで裾のフレアが広くなっていて、シルエットは
ブーツカットの基本形のような形状をしています。

(リー)lee102はストレートに近いスタイルのブーツカットのようです。

エビス(evisu)、ディーゼル(diesel)などのブランドのブーツカットも
人気があるようですが値段が高めですね。

>>ブーツカット 楽天市場の詳細はこちら